世界チャンピオンの本格中国料理店

横浜中華街をもっと知ろう〜中国に関する豆知識〜

うんちく

横浜中華街が賑わう「春節カウントダウン」

日本のお正月は1月1日というのは、皆さんは良くご存知だと思います。日本に限らず、世界共通で1月1日は新しい年を迎えるお正月とした、お祝いムード一色になります。通常のお正月に加えて、中華圏では旧暦でお正月をお祝いする習慣があります。そのお祝いを「春節 はるせつ」と呼ばれています。

2019年今年の春節は2月5日(火)に決まりました。春節の前後は、中華圏ではお祝いムードが高まり色々なイベントなどが各地で開催されます。横浜中華街でも、2019年の春節に向けて「春節カウントダウン」というイベントが行われます。今回は、横浜中華街が賑やかなお祝いムードになる「春節カウントダウン」についてご紹介します。

春節カウントダウン

2019年2月5日の春節をお祝いするイベントとして、今年は新しい新年のお祝いをするための「春節カウントダウン」が開催されます。日程は2019年2月4日前日の24:00から開催されます。イベント内容は、新しい新年を始めるためのカウントダウンを行います。

会場は「横濵關帝廟 よこはまかんていびょう」で行われます。横浜市中区にある関帝廟は、年間を通して日本全国に限らず海外からの参拝客でにぎわっています。長いお線香をお供えして参拝をすることもできます。主神には、關聖帝君と言われる三国時代に実在した武将が祀られています。

横濵關帝廟には、全部で5体のご神体がおられます。關聖帝君の他には、天空に住んでいて国の安泰を見守っていると言われている「玉皇上帝」。健康祈願や災いを避けてくれると言われている「他母娘娘」。日本のお寺などにも祀られている「観音菩薩」は、縁結びや安産・健康・難除けのご利益があると言われています。

そして金運の神様として祀られているのは、「福徳正神」と言われ旧暦の2月2日は生誕のお祝いをする日に定められています。春節のカウントダウンに参加する際は、横濵關帝廟をお参りするのも楽しみ方のひとつです。

春節を食べてお祝い

旧暦の新年をお祝いする春節では、縁起の良い料理でお祝いをします。おせち料理のように、ひとつひとつの食材に意味があります。例えば、お金は縁起の良いものなので、昔のお金の形に似ていると言われる“餃子”を食べます。

縁起の良い食べ物は中華総菜だけでなく、フルーツなども食べられます。例えば、みかんは漢字で書くと「桔子」、おみくじの“吉”に似た字を含むことから縁起の良い食べ物とされています。ひとつのツルにたくさん実のなるものは、子孫繁栄をイメージさせることから“メロン”や“ひまわりの種”も食卓に並びます。

また、日本のお正月のお飾りやお雑煮にも使われる“もち”は、仕事や生活の水準が毎年上っていくいう意味を込めて食べてお祝いをします。2019年の記念すべき春節は、美味しい中華料理を囲んで家族や友人と盛大にお祝いしましょう。

横濱中華街で春節をお祝い

2019年の新年をお祝いする春節を、横濱中華街でお祝いしましょう。新しい年のお祝いは、皇朝の食べ放題がおすすめです。当店では、春節にご利用いただけるお得なコースをご用意させていただきました。

【平日限定】時間無制限オーダー式食べ放題 大人2,890円(税込)/小学生1,890円(税込)

少人数の家族1名から2名様にオススメなセットです。中華総菜の種類は全部で7種類で、42個が入ったセットです。皇朝で人気の中華まんやエビシウマイ、黒豚生餃子、デザート総菜にはゆずまんなどもご用意しました。

春節をお祝いするなら、好きなものを好きなだけ食べてお祝いしたい !ということで、当店では時間無制限のオーダー式食べ放題コースをご用意しました。食べ放題で食べられるメニューは、全部で135種類をご用意させていただきました。

「北京ダック」や「フカヒレ風味海鮮茶碗蒸し」「白身魚のエビ・カニ包みミルフィーユ蒸し」などの高級食材を使ったメニューから、日本でブームになった「麻婆豆腐」もお召し上がりください。他には、お酒のおつまみもおすすめの「花山椒ピリ辛豚モツ」や「豆苗のニンニク風味塩味炒め」「ピータン豆腐」など普段は食べたことのない中華総菜にもチャレンジしてみてください。

先頭へ戻る