世界チャンピオンの本格中国料理店

横浜中華街をもっと知ろう〜中国に関する豆知識〜

うんちく

平成最後のお歳暮は何を贈ろう??

日本では色々な風習がありますが、そのひとつに“お歳暮”を贈るという風習があります。これは1年お世話になった方々に、「ありがとうございます」という意味と、来年もよろしくお願いしますという意味を込めたご挨拶です。そんな昔から続く習慣を無くそうという動きもあり、お歳暮を贈らなくても良いという時代になっています。

しかし、昔から続く日本ならではの習慣を無くすのはもったいないということで、もっと気軽に贈るギフトとして最近お歳暮のブームがきています。これは、毎年必ずお歳暮を贈らなくても良いというプレッシャーが無くなったということがプラスになり、気軽にお歳暮ギフトを贈るのを楽しめるようになったということかもしれません。

平成最後のご挨拶に贈りたいお歳暮

2018年は長かったと感じる人、短かったと感じる人それぞれだと思います。今年1年を振り返ってみると色々なことが起こりました。1月にはコインチェック騒動で仮想通貨の日本市場に激震が走りました。

2月には台湾では大きな地震があったり、上野動物園のシャンシャンの初お披露目が行われました。また、自然災害が多い年でもあり、ボランティア活動に参加した方、改めて家族の大切さを感じて故郷に帰省した方も増えた年でもありました。

また、つい最近では大正12年から続いた築地市場が豊洲に移転しました。観光客やグルメを楽しむお客様にとっては、場外はそのまま残るということもあり、更に利用しやすい環境になっていくことと思います。この様に振り返ってみると、昨日起こった出来事かのような大きな出来事が多い1年でしたが、「終わりよければすべてよし」ということわざがあります。

これは、色々あったけど最後きれいに締めくくれることができれば良いという意味です。2018年お世話になった方々への1年の挨拶をきちんと行うことで、また来年も良い関係性を続けていけるということにもつながります。そこで、平成最後のご挨拶に贈りたいお歳暮をご紹介します。

皆で囲んで楽しめる「鍋セット」

お歳暮は年末年始ということもあり、ホームパーティーや家族で食卓を囲む機会がいつも以上に増える時期でもあります。その機会にもらって嬉しいギフトと言ったら「鍋セット」です。皆で同じ鍋をシェアしながら楽しめる料理として、冬の定番料理として大人気のギフトです。

お歳暮のギフトセットでは、水炊きやもつ鍋などのスタンダードなものから、郷土の味が楽しめるきりたんぽ鍋や石狩鍋など色々な種類が用意されています。また、トレンド食材を使用したチーズとまと鍋や、こだわりのお出汁を使った鍋などもあります。

寒い冬をのりきる「あったかセット」

お歳暮は食べ物ばかりではありません。贈る人に合わせて、衣料品から美容グッズなど様々なアイテムがあります。そのなかでも、寒い冬の寒さをのりきるための「あったかセット」というのも人気があります。自宅で使用できるものから、会社、外出中に使えるものまでさまざまです。

外出に使用できるアイテムには、マフラーや手袋、イヤーマフなどがあります。家で使えるアイテムと言えば、家着やパジャマ、ソックス、スリッパ、半纏、ヒーターなど身に着けるものから部屋自体を暖めるものまで。お歳暮を贈る相手、ひとりひとりに合わせたギフトが選ばれています。

お正月を豪華に彩る「グルメセット」

やはりお歳暮のギフトとして外せないのが、「グルメセット」です。そこでおすすめしたいのは、平成が明けるお正月の食卓を彩るのにふさわしいグルメです。おせちのセットを贈るのも良いですが、おせちを購入するブームで既に用意されているご家庭も多いはずです。

お歳暮のギフトとして喜ばれるポイントは、プラスアルファ豪華に食卓を彩ってくれるグルメです。定番のハムから新鮮で豪華な魚介類、天ぷらなどに使用できる高級野菜など“特別感”のあるものが人気です。そのなかでも、和食に飽きたお正月に食べたい料理として人気な「中華総菜」をおすすめします。

縁起物の海老やアワビ、フカヒレなどの高級食材を使ったメニューが詰まったグルメギフトが喜ばれます。当店でもお歳暮にふさわしい高級食材を使用した中華総菜グルメギフトを3種類ご用意させていただきました。人数に合わせてお選びいただけます。お歳暮の熨斗紙をお付けして、チルドパックでのお届けができます。

平成最後のお歳暮は、この1年お世話になった方々へ、心を込めた喜ばれるギフトを贈りましょう。

先頭へ戻る