世界チャンピオンの本格中国料理店

横浜中華街をもっと知ろう〜中国に関する豆知識〜

うんちく

クリスマスはキリストの誕生日ではない?

10175001436

もうすぐクリスマスですね。クリスマスの予定を考えているだけで心ときめきます。
クリスマスは大切な人と最高の思い出をつくりたいから、普段は行かないようなレストランでのディナーやアクティビティでゴージャスな時間を過ごす人も多いのではないでしょうか。しかし、そもそもクリスマスにはどんな意味があるのかご存知ですか?

キリストの誕生日は諸説ある

一般的にクリスマスは12月25日で、イエス・キリストが生まれた日とされています。
イエス・キリストが生まれた日の前日である24日はクリスマス・イブで、お互いのスケジュールを調整しながら、クリスマス当日かクリスマス・イブに会うのがクリスマスデートの定番です。
しかし、実のところイエス・キリストの誕生日が12月25日だという確信はないのだそうです。聖書にも明確な日付は書かれていないし、12月ですらないという説もあってはっきりしていません。
ではなぜ12月25日が定着したのかというと、ローマ法王庁が、バラバラだったイエス・キリストの誕生日をローマの太陽神崇拝の祝日に合わせて決定。それが12月25日で、この日にイエス・キリストの生誕を祝うことになりました。
ちなみにクリスマス・イブは前夜祭となっていますが、キリスト教が使う教会暦では、日没とともに日付が変わると考えられています。その教会暦に合わせると、正確にクリスマスは12月24日の日没から25日の日没までということになります。だから24日の夕方以降ならお祝いしても問題ありません。

日本では昭和に入ってから定着

西洋で始まったクリスマスですが、キリスト教国でもない日本では、いつ頃からお祝いするようになったのでしょうか。
古い記録によると、戦国時代にはお祝いされていたといわれています。横浜港開港により、全国に先がけて海外の文化が入ってきた横浜では、外国人も多く暮らしていたので、クリスマスへの認知度も高かったのではないのでしょうか。
しかし一般的に広がったのは昭和に入ってからです。1926年12月25日の大正天皇崩御に伴い、1927年3月4日に当時の休日法が改正され、昭和時代の先帝祭にあたる大正天皇祭(12月25日)が設定されました。日本でクリスマスの習慣が広く普及したのは、この12月25日が休日となったことにも一因があるようです。

サンタクロースとコカコーラの関係

ここで少しクリスマスうんちくを。
クリスマスには欠かせない存在であるサンタクロースの衣装は赤色ですが、なぜ赤色になったかご存知でしょうか。
サンタクロースの衣装を赤色に決めたのは、大好きな人も多いはず! すかっと爽やかコカ・コーラ社です。
それまでのサンタクロースは妖精だったり、子どもだったりと、今のおじいさんに設定されていたわけでもなく、かつ衣装もさまざまでした。しかし1931年にコカ・コーラ社が、クリスマスキャンペーン用のポスターに描いたサンタクロースの衣装は赤。私たちがサンタクロースと聞いて思い浮かべるサンタクロースそのものの姿で、それがすっかり定着したようです。
今ではサンタクロースの衣装は赤色とすぐに連想できますが、これが青色や緑色だったら、クリスマスの情景もまったく違うものになっていたことでしょう。

世界チャンピオンの肉まんをお取り寄せ

日本ではカップルがデートする日という印象が強いクリスマスですが、海外では家族でホームパーティーを行いながら、自宅でゆっくり過ごすのが基本です。高級なレストランで食事をするのも心が躍りますが、今年は本場のクリスマス同様、ホームパーティーで過ごしてみてはいかがでしょうか。
大人数が集まるときには、お取り寄せが役に立ちます。皇朝の「世界チャンピオンの本格中華点心メガ盛りセット」などを事前に取り寄せておけば、簡単&便利、そしておいしいひと時を過ごすことができますね。この「世界チャンピオンの本格中華点心メガ盛りセット」は、肉まんや餃子など4種類の点心が計80個とまさにメガ盛りです。
「秘伝の書」と呼ばれる食べ方ガイドもついているので、肉まんの温め方で失敗することはありません。自宅で本格的な味わいを再現することができます。
世界チャンピオンの味で、ぜひホームパーティーを盛り上げてください。

先頭へ戻る