世界チャンピオンの本格中国料理店

横浜中華街をもっと知ろう〜中国に関する豆知識〜

グルメ

【保存版】先取り!2018年お歳暮のトレンド予想

2018年も残すところ数カ月、毎年考えるのは年末のあいさつ回りや“お歳暮”のことですよね。年末に向けては、あれこれやることは盛りだくさんです。出来ればなるべく早めに、今年のお歳暮ギフト選びをしてしまえば年末の仕事は早く片付きますよね。そこで、今回は早めのお歳暮選びを始めたい皆さんに、2018年のお歳暮トレンドの予想をまとめてみました。

世界でも注目の日本酒

昔から、お歳暮に日本酒などのお酒を贈るというのはスタンダードでした。最近では、世界中で日本酒が飲まれるようになり、今再注目のお酒です。日本全国、色々な地域で日本酒が造られています。日本で造られている日本酒には、このような種類があります。

爽酒

爽快感のある軽めのお酒を“爽酒”と呼びます。特徴としては、クセがなくスッキリだけどやわらかい味わいです。生酒や本醸造酒、普通酒がこちらのジャンルに当てはまります。常温や冷たく冷やして飲む種類が多いです。

薫酒(くんしゅ)

食前酒にもおすすめなのが、“薫酒(くんしゅ)”です。大吟醸酒や吟醸酒がこちらの種類で、フレッシュで飲み口も軽く、日本のワインのような位置づけです。常温よりは軽く冷やして飲むと、より香りが引き立ちます。日本酒初心者の方にもおすすめです。

熟酒(じゅくしゅ)

透明のイメージが強い日本酒ですが、コップに継ぐと黄色かったり褐色がかっています。熟成されたお酒で、日本酒の中でも特に香りが際立っているのも特徴のひとつです。香りが強いので、ぬる燗や熱燗にしても美味しくいただけます。

醇酒(じゅんしゅ)

純米酒などの種類が、こちらの“熟酒(じゅんしゅ)”と呼ばれるお酒のタイプです。お米の旨味や甘み、コクを楽しみたい方におすすめの日本酒です。熱燗や、ぬる燗がおすすめです。

おつまみ×ご飯のお供

おつまみにも使えて、ご飯のお供にも欠かせない1品と言ったら“漬物”ですよね。何故漬物が喜ばれるのか?それは“家飲み”や“手作りお弁当”のブームがきっかけです。お漬物があるだけで、酒のつまみが1品増えますし、お弁当のおかずも1品増えます。お漬物の種類もバリエーション豊かですが、お歳暮におすすめのお漬物はこちら!

奈良漬

ウリ系の野菜を塩漬けにして、酒粕に漬けかえながら作るお漬物です。地域によって漬ける野菜は異なりますが、酒粕を使うのが特徴的なお漬物です。通常の漬物より値段が高いので、年末年始のお料理にも合う1品です。

なます

お正月には欠かせないお漬物のひとつで、甘酸っぱいのが特徴の漬物です。細切りにした大根や人参は、紅白に見えることもある縁起物として昔から食べられてきたお漬物です。最近ではサラダ感覚で食べられる人も多く、酢も身体に良いのでヘルシーな漬物としても人気があります。

菊花かぶ

紅白のかぶを、菊の花のように飾り切りして食べる1品です。味付けはお酢や砂糖、みりんなので甘酸っぱく美味しい1品です。暴飲暴食しがちな年末年始には、おすすめのお漬物です。

簡単だけど極上な中華総菜

お歳暮に人気のギフトの中で、食べ物が多いのは年末年始の食事に利用してもらえるという理由もひとつの要素としてあります。なので普段はあまり購入しないちょっと変わったものや、高級品とされるものを贈ったりします。その中で人気な食べ物ギフトと言ったら、“中華総菜”のギフトセットです。中華料理は世代を問わず皆さんに食べられています。お歳暮のギフトとしても皆で食卓を囲むための食事メニューとして皇朝の中華総菜が人気です。

=皇朝のお歳暮中華総菜セット人気メニュー=

皇朝では、2018年のお歳暮用のギフトを3,000円から7,000円くらいのご予算でご利用いただけるセットをご用意しております。中華総菜のセットでは7種類から10種類を数十個お入れさせていただいております。セットで人気な中華総菜にはこのようなものがあります。

小籠包

1口食べれば、中からジューシーな肉汁たっぷりの中華総菜の代表と言えば“小籠包”です。食事のおかずにもなりますし、おやつやお酒のおつまみにもなる小籠包は中華総菜の中でも大人気な1品です。

中華まん

当店おすすめの中華総菜、“中華まん”は醤油ベースの日本人向けの1品です。3年間という年月をかけて生み出された中華まんです。サイズ感もお子様から女性でも食べやすく、“ちょっと食べたい”時にも楽しめるちょうど良いサイズ感を実現しました。

これらの他にも、お食事やおつまみ、おやつとしてお召し上がりいただける人気の中華総菜をご用意しております。2018年のお歳暮には、日本酒にも合う皇朝の中華総菜セットをご利用ください。

先頭へ戻る