世界チャンピオンの本格中国料理店

横浜中華街をもっと知ろう〜中国に関する豆知識〜

うんちく

お中元シーズン到来!早めに贈るのがベストな理由3選

夏のご挨拶にご友人や親族、日頃お世話になっている方々に「お中元」を贈る習慣があります。毎年このシーズンには何を贈ろうかと頭を悩ませている方も多いと思います。お中元の品の定番ギフトと言えば、「水菓子」や「冷たいお菓子」、「ジュース」、「そうめん」、「ひやむぎ」、「蕎麦」などがあります。夏に贈るギフトなので、冷たく冷やして楽しめる食べ物などが定番のギフトになっています。

お中元を贈るタイミング

お中元を贈るタイミングとしての目安は、関西と関東で異なります。関東では7月の初めから7月の半ば頃まで、関西では7月の中旬から8月15日頃までに贈ると良いとされています。これは恐らく関東より関西の方が気温が高い地域が多いとか、明治で改暦した際にデパートなどの戦略として時期をずらしてより多くのお中元の販売を目標としていたかは不明です。

現在は早めにお中元を贈るのも良いとされていて、早い地域ですと6月の後半からお中元ギフトがお店やデパート、インターネットショップの店頭に並びます。そこで、今回は、お中元を早めに贈るのがベストな理由3選をご紹介します。

余裕をもってギフトを選べる

贈る側のメリットとして、余裕をもってギフトを選べるということがひとつあります。定番のお中元はもちろんのこと、その年のトレンドになっているお中元ギフトや、新しいラインナップのギフトまで色々とチェックする時間が持てます。また、売り切れる心配もないので、余裕をもって贈る相手の好みに合わせてお中元ギフトを選ぶことが可能です。

早めにお中元を選び始めることで、本当に喜ばれるお中元ギフトが見つかります。今年は、早めのお中元で喜んでもらえるギフトを選びましょう。

贈り漏れが合っても間に合う

早めにお中元を選んで贈ることで、万が一お中元を贈り忘れがあったとしても、お中元を贈りたい人が増えたとしても時期的に余裕があるので、お中元としてギフトを間に合わせることができます。これがお中元の贈る目安日程のギリギリだと、なかなか間に合わせることが難しいです。ですが、早い時期にお中元を贈り始めることで、その万が一の問題が解消されます。

お中元を早めに贈ることで、お礼のし忘れを防ぐことができますので、ぜひ今年から早めのお中元選び、始めてみてはいかがでしょうか?

一番利用したい時期に手元にある

お中元を贈られる相手の立場からすると、早い時期に贈られることで、水菓子でもジュース、冷たい麺類など、一番食べたかったり利用したい時期に手元にあることになります。食べたい時に、使いたい時にお中元の品を利用いただけるのはとても便利なことです。お中元を贈る側として、せっかくなので美味しく食べてもらったり、思う存分活用してもらいたいと思うのが本音です。

痒い所に手が届く、そんなギフトの贈り方も、より相手にお礼の気持ちが伝わるのではないでしょうか?

そんな意味でも、早い時期にお中元を贈るというのは贈る側にも、贈られる側にもメリットがあるということです。

この夏のお中元におすすめのギフト

お中元は早めに贈るのがベストな理由を3点ご紹介しました。贈る側にとっても、贈られる側にとってもベストなタイミングで、ベストの品を届けるのが理想です。これからお中元を選ばれる方へ、この夏のお中元ギフトにおすすめしたいのが当店がおすすめする皇朝の“お中元ギフトセット”です。

2018年のお中元セットは全部で3種類のセットとご用意しました。「親愛セット」、「敬愛セット」、「最愛セット」の3種類です。ご予算や贈る方の人数に合わせてお選びいただけます。また冷凍でのお届けですので、食べたい時に食べたいだけご利用いただけるのも魅力のひとつです。今年のお中元は、普段でも温めるだけで本場の中華料理が楽しめる、当店のお中元セットをご利用ください!

先頭へ戻る